お役立ちコラム

就業にふさわしい身だしなみとは?

お仕事

  • twitter
  • line
  • facebook

コラム

初めて出勤する派遣先には、どのような服装で行けばいいのか迷いますよね。もちろん説明会や面談の時点で「華美でなければ自由」や「オフィスカジュアルで大丈夫」などの説明を受けますが、「華美ってどこまで?」「オフィスカジュアルとカジュアルの線引きは?」など判断が難しいケースもあります。かといって、毎日無難にリクルートスーツ、というのも寂しい話です。ここでは、就業にふさわしいファッションについてお話します。

「ちゃんとしている感」が最重要

接客や取引先の訪問があるオフィスは、服装に制限があるケースがほとんど。基本的には、スタンダードなデザインで地味な色味のスーツに、白いシャツ、黒の革靴、染髪はせず、男性ならヒゲを剃り、女性なら長い髪はまとめる、というのがどこの現場でも通用する就業ファッションです。ですが、もうちょっと個性を出したいという方も多いでしょうし、実は派遣先も「もう少し自由でいいよ」という考えが主流です。だからこそ、「仕事をする服装」という一線の判断は重要になります。

よくいわれる「華美な服装は禁止」という場合の「華美」は、華やか過ぎる色や柄についてはもちろんですが、露出度についても言えることです。胸元がはだけた服や、女性ならミニスカート、男性ならノースリーブや半ズボンも含まれます。また、アクセサリーは見た目の問題よりも、作業をするにあたり、ジャラジャラと音を立てるようなものは歓迎されません。逆にいえば、大ぶりのものでも、色味をおさえて作業に支障のないものであればさほど問題視はされないでしょう。また、ただのカジュアルではなく「オフィスカジュアル」と、あえてオフィスが上についている場合は、デニムパンツは履かない方が無難です。男性ならポロシャツなど襟付きのシャツとチノパン、女性は薄手のニット、スカートは柄があるなら控えめに、という程度がよいでしょう。

とはいえ、近年は接客のあるオフィスでも服装はほぼ自由、という現場も増えました。また、入社直後は外見に視線が集まっても、仕事をきちんとこなして能力が認められると、気にされなくなることがほとんどです。ただ、そういった状況でも、「これだけは許されない」という要素があります。「不潔」や「だらしない」ファッションです。寝癖のついたままの髪や無精ひげ、何日もお風呂に入っていないような体臭、汚れていたり、ボロボロになった服や靴、爪が真っ黒、伸びっぱなし、など社会人としての基本を問われる外見は、どの現場でも認められません。清潔感はセンスとは関係なく、誰にでも身につけられることなので、今日からすぐに実行しましょう。

関連分類記事 最新10件

一覧へ戻る

  • サウンズグッドで新しい働き方を見つける
  • かんたん1分WEB登録
  • 登録説明会へ参加する
  • Recruit site 2019
  • 用語辞典
  • コラム
  • 労働者派遣に関わる情報 

サウンズグッドでは
「いいね!」を
分かち合える
仲間を
募集しています

かんたん1分WEB登録 登録説明会へ参加する