お役立ちコラム

どうしても貯金ができない人にオススメの裏技

ライフスタイル

  • twitter
  • line
  • facebook

コラム

お給料日が来るたびに「今月こそ貯金をしよう!」と思っていても、気がつくとお財布がカラッポになってしまう。または、無駄遣いをしているつもりはないのに、毎月、生活費がギリギリになってしまうという人もいるでしょう。そんな人にオススメのお手軽すぎる貯金の裏技を伝授いたします。とても簡単な方法ですので誰でも実践できますよ!

使ったお金を把握できない人にオススメの貯金法

貯金をしたいという意思はあるのに、どうしても貯められない人の場合、そもそもの収入が少ない場合を除いて、「お金を無意識に使ってしまう」という傾向があります。1日にいくら使ったか気にしていない、さらに1万円を崩した途端あっという間に無くなっているという人は要注意です。


無意識にお金を使ってしまう人は、現状を把握していないということが多々あります。毎月、いくら収入があり、家賃や携帯代などの固定費を差し引いたらいくら残るのか? そのうち、食費代はいくらまで使えるのか? 交際費は? レジャー費は? など具体的な数字が把握できていないことから、「気がつくと使いすぎていた」という失敗を繰り返してしまうのです。


そんな無意識タイプさんにオススメの貯金法は「先取り貯金」。お給料を貰ったら、すぐに貯金分を差し引いて別の口座に分けるか定期預金をしてしまう方法です。お金を下ろすときに一手間が必要になるので無意識に引き出す心配もありません。なにより、残ったお金で生活をすればいいので細かい計算もいらないのというのが、成功率が上がるポイントです!

節約している「つもり」が一番危険!

例えば、3個で500円のリンゴと、1個200円のリンゴがあった場合、前者の方がお得だと思いますか? 


「YES」と答えた人の中で、1人暮らし、もしくは2人暮らしの方は、無駄使いをしているつもりがないどころか、節約しているはずなのににお金が貯まらないと悩んでいるタイプの典型です。よく考えてください。3個のリンゴを本当に食べ切れますか? この場合は1個200円のリンゴを食べ切れる分だけ買うのが正解なのです。


このタイプに多いのが、使った金額を把握していないこと。200円、もしくは400円の出費で済んだ買い物を、500円支払って食材を残してしまったのなら、結果的に浪費していることに他なりません。


このタイプは、使った金額を把握すれば、楽に貯金ができるようになります。買い物の際は必ずレシートをもらう。クレジットカードで支払って履歴を残す。電子マネーを使って使用限度を決めるなどを実践すると、無駄遣いを把握でき、支出を減らすことができます。


また、最近では、レシートをスマホで撮影するだけで自動的に記録してくれる家計簿アプリや、銀行やクレカと連携させて入出金を把握できるお財布アプリなどが充実していますので、さらに簡単にお金の出入りを把握できます。余ったお金を貯金に回せば、積もり積もって大きな貯蓄になっていきます。

究極のズボラさんでも成功率100%の裏技「ちりつも貯金」

「お金を使ったことを意識する」「使った金額を把握する」この2つを実践するだけでも貯金はたまりやすくなります。しかし、それすらも面倒だという方の場合は、さらに簡単な貯金裏技があります。


それは「お財布の中に残っている小銭を全て貯金箱に入れる」方法です。毎日500円ずつ貯めていく500円貯金や、ジュースなどの嗜好品を我慢して、その分を貯める「つもり貯金」などの小銭貯金法は多々ありますが、こちらはさらに簡単。誰でもすぐに実践できる究極の裏技です。


やり方は、帰宅後にお財布に残っていた小銭を、全て貯金箱に入れるだけ。気がつくと貯金箱にお金がたまっているという「ちりつも貯金」という方法です。ちりつもとは「塵も積もれば山となる」という意味。少額なので苦になりにくく、かつ面倒な計算もいらないのでズボラさんにうってつけです。しかも、貯金箱がたまってくると、自然と貯金をする達成感を覚えるようになるため、貯金習慣が身につくという利点もあります。


ぜひ、自分にあった方法を試して貯金体質を身につけましょう!

関連分類記事 最新10件

一覧へ戻る

  • サウンズグッドで新しい働き方を見つける
  • かんたん1分WEB登録
  • 登録説明会へ参加する
  • Recruit site 2019
  • 用語辞典
  • コラム
  • 労働者派遣に関わる情報 

サウンズグッドでは
「いいね!」を
分かち合える
仲間を
募集しています

かんたん1分WEB登録 登録説明会へ参加する