お役立ちコラム

1日5分で気分スッキリ 定期断捨離のすすめ

ライフスタイル

  • twitter
  • line
  • facebook

コラム

「断捨離」とは、余計なものを買わず、不必要なものを捨て、物に執着することをやめてシンプルに暮らすための提案です。実践すると、家がスッキリ片付いて快適にすごせるようになるうえに、余計なものを欲しいと思わなくなるのでお金がたまりやすくなったり、中には運気が上がったという人もいます。そんなイイことづくめの断捨離ですが、いざやってみようとすると何から手をつけていいのか分からないもの。そこで、誰でも実践できる初心者向けの断捨離をレクチャーします!

1日5分でOK 身近な不用品から捨てていくとスムーズ!

断捨離と聞くと、大掃除をイメージする方も多いと思います。でも、断捨離の目的は、余計なものを溜め込まないための習慣づけです。そこで、一気にモノを減らすより、毎日5分でもいいので不用品とさよならする時間を儲けることが大事です。


まずは帰宅後の5分、お財布の中のいらないレシートや割引券などを処分しましょう。続いて鞄の中のいらない書類を捨てます。それだけです! 「え?」と最初は肩透かしを食らうかもしれませんが、最初は本当にこれだけOKです。いらないものは持たないという「くせ」が身につくからです。


次は週1回、冷蔵庫の中をチェックしましょう。賞味期限切れの食品はないか? 食べ残しがそのままになっていないか? 使いかけの食材で痛んでいるものはないか? これらを見つけて処分します。在庫が一目瞭然になることで食材のダブり買いがなくなり、節約にもつながります。


月一で処分したいのは、雑誌や新聞などの古紙です。置き場所がなくてつい玄関に積み重ねてしまう家も多いのですが、常にスッキリさせておけば、帰ってきたときに玄関を開けるのが嬉しくなりますよ。

1シーズンに1度 部屋の中の見直しを

モノを溜め込まない習慣がついたら、次はシーズンごとにクローゼットの点検をしましょう。何年も着用していない服や靴は来年も着用しない可能性が大。きっぱりと捨てるとスペースが生まれるので、部屋にはみ出していた服や荷物を収めることできて、自然と家全体が片付きます。さらに、コスメや保存食品も断捨離の対象です。古いものから順番に捨てていきます。


また、本、CD、DVDなども思い切って処分しましょう。CDやDVD、本はデータにして保存します。クラウドを利用すれば、スマホやPCなど好きなデバイスを使って、好きな場所、好きな時間に手軽に鑑賞することができるようになり、むしろ視聴の回数が増えて便利です。


それでも、どうしてもモノを手放せないという人もいるでしょう。そんな場合は、モノだけ捨てて、思い出をとっておくという方法があります。洋服や小物は写真をとってから処分すると、比較的スムーズに捨てられます。踏ん切りをつけるために、掃除の際に雑巾がわりに使うのもオススメです。


不用品を処分する際は、ネットオークションの利用もオススメです。思わぬ高値がつくこともあり、ゲーム感覚で処分できるので、楽しくモノを手放すことができます。


断捨離が成功すれば部屋がスッキリして、驚くほどに気分も晴れ晴れするもの。楽しい気分でお仕事に励めば効率もあがり、給料アップも夢ではないかも!?

関連分類記事 最新10件

一覧へ戻る

  • サウンズグッドで新しい働き方を見つける
  • かんたん1分WEB登録
  • 登録説明会へ参加する
  • Recruit site 2019
  • 用語辞典
  • コラム
  • 労働者派遣に関わる情報 

サウンズグッドでは
「いいね!」を
分かち合える
仲間を
募集しています

かんたん1分WEB登録 登録説明会へ参加する