お役立ちコラム

派遣社員と契約社員 どっちがいい?

お仕事

  • twitter
  • line
  • facebook

コラム

労働者派遣法が改正されるたびに、派遣社員の労働条件が改善されています。一方、契約社員もまた正規雇用との差が縮まる傾向にあります。働き方の多様化が進む今、派遣社員と契約社員とでは、どちらの方が、メリットが多いのでしょうか? 混同しやすいこの2つの雇用形態の特徴を改めて確認しながら、どちらが良いのか確認していきます。

理想の働き方に合わせて選びましょう

派遣社員と契約社員のどちらを選ぶべきか迷っている人は、決して少なくありません。なぜならば、この2つは似ているようで実は大きな違いがあるからです。まずはそれぞれのメリットとデメリットを比較してみましょう。


■派遣社員(派遣スタッフ)
メリット
・自分の都合でお休みや出勤時間を決められるため、スケジュール管理がラク
・基本的に残業はないので、子育てや介護をしながらでもお仕事がしやすい
・派遣会社によるがお給料をもらうサイクルを短くできるので、すぐにお金が必要な時に便利
・お仕事のアドバイスやサポートを派遣会社から継続して受けることができる


デメリット
・お仕事の評価制度が確立されていないこともある
・昇級しにくい(昇給の基準が分かりにくい)
・社会的な手続きにおいて冷遇されるケースもある


■契約社員
メリット
・契約更新時に、スキルに応じて昇級が可能
・専門的な分野を様々な会社で生かすことができるため、キャリアアップに繋がる
・キャリアが認められた場合など、正社員になれる可能性もある


デメリット
・契約期間が最長3年(専門知識がある場合は5年)と定められている
・契約満了を迎えた後は一からお仕事を探す必要がある

自分の都合を重視するならだんぜん派遣社員(派遣スタッフ)

上記の比較でお分かりの通り、派遣スタッフはライフスタイルに合わせて思い通りのお仕事に就くことができるというメリットがあります。自分の都合に合わせて出勤日を選ぶことができて、かつ残業がないので、子育てや介護で忙しい方、もしくは学生さんでも安心して働くことができます。また、短期間のお仕事も豊富にありますので、スケジュールが空いた日にちょっとだけお仕事をしたいという人にも向いています。


ただし、派遣スタッフは昇級しにくいというデメリットがありますので、キャリアアップを目指している人には向いていません。スキルやキャリアを活かしたい方や、専門知識をお持ちの方は契約社員の方が、メリットが大きいでしょう。


自分の都合に合わせるか、キャリアアップを目指すか。現在のライフスタイルや目的に合わせて派遣と契約とを選択すると、よりお仕事がしやすくなりますよ。

関連分類記事 最新10件

一覧へ戻る

  • サウンズグッドで新しい働き方を見つける
  • かんたん1分WEB登録
  • 登録説明会へ参加する
  • Recruit site 2019
  • 用語辞典
  • コラム
  • 労働者派遣に関わる情報 

サウンズグッドでは
「いいね!」を
分かち合える
仲間を
募集しています

かんたん1分WEB登録 登録説明会へ参加する