お役立ちコラム

正社員じゃなくてもOK「じぶん財形」とは?

ライフスタイル

  • twitter
  • line
  • facebook

コラム

財形とは、会社が社員の給与から一定額を天引きすることで、結婚やマイホーム購入などのライフステージに変化に伴う出費に備えるお金を積み立ててくれる制度です。自分で貯金するのが苦手な人には便利な制度なのですが、残念ながら派遣スタッフには適用されないことも多いです。そこで、おすすめなのが「じぶん財形」です。正社員じゃなくても始められる「じぶん財形」とは、どのようなものなのでしょうか?

銀行の新サービスを使えば「じぶん財形」が誰でもできる!

「じぶん財形」とは、自分で作る財形システムのことです。財形同様に、毎月のお給料から一定額を自動で積み立てることができるので、貯蓄が苦手な人でも負担なく将来に備えるお金を作ることができます。


はじめ方はいたって簡単です。お給料が振り込まれるメインバンクの他に、イオン銀行に口座を開設して「自動入金サービス」を設定するだけです。あとはほったらかしでOK。一切、手間をかけることなく、まとまった預金を作ることができます。


そんな便利なイオン銀行の「自動入金サービス」とは、毎月、自分が決めた一定額をメインバンクから自動で入金することができるサービスです。メインバンクから出金して、自分で貯蓄専用の口座に入金する方法とは違い、うっかり入金を忘れることもない上に、振込手数料は無料。その上、金利は0.1%もあり、メガバンクの約100倍の利息が増えていくという良いことづくしのシステムです。


しかも、口座開設や貯蓄額の設定はネット上でできますので、仕事が忙しい人でもいつでも始めることができて便利。定期預金と違って、必要に応じていつでも引き出すことができますので、毎月のお給料が不安定になりがちな派遣スタッフでも負担になりません。

「じぶん財形」を少しでも長く続けるコツは?

そんな嬉しい「じぶん財形」を少しでも長く続けるコツは、自動入金日をお給料の振込日と同じ日に設定することと、入金額をあまり高く設定しないこと。貯金を使いすぎて引き落としができないというミスも防げますし、あらかじめ貯金額を差し引いたお金で生活するのでストレスを感じることなく続けることができます。


またお給料の振込銀行が指定されていない会社で働いている場合は、給料の振込口座を「自動送金サービス」のある銀行に設定するのも有効です。「自動送金サービス」とは、SBI銀行や楽天銀行などのネット銀行を中心に広まっている新サービスで、回数限定で他行への送金が無料で行えるサービスです。無料回数内で「結婚資金用口座」「マイホーム購入資金用口座」など目的別の口座を作って少額ずつ積み立てると、お金を貯める目的が明確にな分、挫折しにくくなリます。


ちょっとの手間だけで始められる「じぶん財形」は、ズボラな人ほど向いている最新の貯蓄方法です。「自動入金サービス」「自動出金サービス」のどちらが利便性の高い方を選んで、賢く未来の貯金を作りましょう!

関連分類記事 最新10件

一覧へ戻る

  • サウンズグッドで新しい働き方を見つける
  • かんたん1分WEB登録
  • 登録説明会へ参加する
  • Recruit site 2019
  • 用語辞典
  • コラム
  • 労働者派遣に関わる情報 

サウンズグッドでは
「いいね!」を
分かち合える
仲間を
募集しています

かんたん1分WEB登録 登録説明会へ参加する