お役立ちコラム

知っているとトクをする登録説明会のマナーと服装

お仕事

  • twitter
  • line
  • facebook

コラム

派遣先を決めるための登録説明会は、派遣のお仕事につくための第一歩です。気軽に自分の要望を伝えることができる場ですが、参加する際にちょっとしたマナーを知っていると、より自分の希望に近いお仕事を探しやすくなります。では、どのような点に気をつければいいのでしょうか? 良いマナー、悪いマナーを比較しながら確認していきましょう。

登録説明会での第一印象を大事にしましょう

登録説明会とは、派遣会社の担当コーディネーターに自分の要望を伝えて、希望に即した派遣先を紹介してもらうために行う簡単な面談です。どんなお仕事につきたいのか、またはお仕事を始める際の条件などを相談して、条件にあった派遣先を紹介してもらいます。


登録説明会に参加する際に、リクルートスーツなどを着用する必要はありませんが、極端にラフな格好も厳禁です。オフィスカジュアルがもっともふさわしい服装と言えます。ジャージやダメージジーンズなどは避けて、男性はジャケット・襟付きのシャツ・スラックス、女性は露出の少ない服装を心がけましょう。特に事務系を希望の場合は、服装は大事な判断要素になります。


その他の職種でも、会場に入ったときから面接は始まっています。リラックスしすぎずに、社会人としてきちんとした服装を身につけることが大事です。


良いマナー
・オフィスカジュアル
・露出の少ない服装


悪いマナー
・ジャージ
・ダメージジーンズ
・サングラス
・サンダル、ビーチサンダル
・露出の多い服装

登録説明会ではどんなことが行われるの?

登録説明会では、派遣法の説明、必要書類記入、個人面談が行われるのが一般的な流れです。筆記用具を忘れずに持参しましょう。


所要時間は、1時間〜1時半ほどかかります。職種によっては、その場で派遣先が決まることもありますが、募集の少ない専門職系の場合はさらに時間がかかる場合もありますので、時間の余裕を持って参加しましょう。また、その日のうちに決まらないこともありますので、精神的な余裕も必要です。


また、会場に入る時間も気をつけるべきポイントです。遅刻しないよう時間の余裕を持って出かけるようにします。しかし、あまり早い時間に到着しても、準備の邪魔になってしまう可能性があります。開始時間の15分〜5分前を目標に指定された席につきましょう。


小さなお子さん連れも他の参加者の迷惑になる場合があるので、できる限り家族や施設などに預かってもらいましょう。


良いマナー
・開始時間の15〜5分前に到着
・筆記用具を持参
・時間と心の余裕を持って参加


悪いマナー
・遅刻、早すぎる到着
・手ぶら
・途中退席
・子供同伴(止むを得ない事情がある場合は事前に相談しましょう)


たかが説明会だと油断せず、社会人としてのマナーを守ることは、コミュニケーション能力が高い人物であるというアピールにもつながります。派遣スタッフの場合、コミュニケーション能力も大切なスキルのひとつ。「この人なら安心して良い企業に紹介できる」と派遣会社からお墨付きをもらえれば、より条件の良い職場につける可能性も高まります。ぜひ覚えておきましょう!

関連分類記事 最新10件

一覧へ戻る

  • サウンズグッドで新しい働き方を見つける
  • かんたん1分WEB登録
  • 登録説明会へ参加する
  • Recruit site 2019
  • 用語辞典
  • コラム
  • 労働者派遣に関わる情報 

サウンズグッドでは
「いいね!」を
分かち合える
仲間を
募集しています

かんたん1分WEB登録 登録説明会へ参加する