お役立ちコラム

復職に最適な働きやすいお仕事の見つけ方

お仕事

  • twitter
  • line
  • facebook

コラム

出産や病気などで長期間仕事から離れてしまうと、復職したいと願ってもなかなか次の職場が見つからないことがあります。そんな時、とても役に立つのが「派遣社員」という選択です。では、復職に有利なお仕事とは一体どのようなものなのでしょうか?

休職前の職場と比較をしないことが大事

仕事から離れていた期間が長いほど、以前と同業種に復帰するのは難しくなります。復職を希望する方の中には、お給料面も含めて、以前と同じレベルの会社への再就職を希望される方も多いのですが、希望通りの会社に再就職が決まる人はほんの一部です。不合格が続くと、徐々に復職したいというモチベーションも下がってしまい、最終的には自信を喪失して働く気力そのものを失ってしまうこともあります。


そうならないための予防策として、前の会社を比較材料にせず、今の自分に見合った仕事を探すことを優先させましょう。お仕事が始まると、生活のペースも変わり、体力も消耗します。そこで、当面は、生活の変化に対応するための準備期間だと考え、簡単な仕事からスタートすることが大事です。


一例として、まずは体力作りも兼ねて、軽作業や製造補助、倉庫整理などのお仕事から始めてみましょう。他にも、ファイリング業務、検品、仕分け作業なども適しています。


ブランクが長いほど、定時に出勤する、指示された仕事を滞りなくこなす、同じ職場の人とコミュニケーションを図るという基本的な動作でさえも、難しいと感じてしまうもの。まずは、この3つの課題に慣れることを目標にして、お仕事を続けることが肝心です

簡単な職務経歴書を準備しておく

3つの課題に慣れたら、ようやく希望に叶う職業を探すタイミングです。派遣会社のキャリアコンサルタントに相談すると、スムーズに次のステップに進みやすくなります。


その際、自分のキャリアを簡単にまとめておくだけで、お仕事がぐっと探しやすくなります。箇条書きで構いませんので、これまで働いた業種や企業名を書き出して、簡単な職務経歴書を用意しましょう。

今現在の自分のスキルを把握するのが復職への近道

新しい派遣先を探す場合も、条件を厳しくしすぎず、職種の選択肢を広げる、勤務時間を、見直すなどの柔軟性が必要です。また、前の仕事に固執しすぎるのも復職を妨げる要素になります。職場から遠ざかっていた期間に身につけたスキルが、意外な職業に向いているという場合もあります。例えば、掃除が得意だという方は、ハウスクリーニング業やビル清掃会社などで優遇されるでしょう。


まずは派遣会社より提案されたお仕事をじっくり吟味する、もしくは試しに働いてみると、今の自分に向いている業種を知ることができます。派遣社員は正社員と違って、様々な業種を試しやすいというメリットがあります。キャリアコンサルタントをうまく活用して自分にあったお仕事を見つけましょう。

関連分類記事 最新10件

一覧へ戻る

  • サウンズグッドで新しい働き方を見つける
  • かんたん1分WEB登録
  • 登録説明会へ参加する
  • Recruit site 2019
  • 用語辞典
  • コラム
  • 労働者派遣に関わる情報 

サウンズグッドでは
「いいね!」を
分かち合える
仲間を
募集しています

かんたん1分WEB登録 登録説明会へ参加する